ゲームや漫画、映画に癒されるぐうたら主婦の日常。子育て始めました。
by coulmier
お知らせ


   ◇  <   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
   

  2006年 07月 31日  ◇  からぶり
旦那が「とんかつを食べたい」と先週から申すので、近所の肉厚なとんかつ屋に行ってきました。

日曜日は定休日でした。

また一週間おあずけを食らってしまった旦那は振り上げた拳を降ろすことができずに困っているようです。
が、私は作ってあげません。
夏場の揚げ物はつらいです。
暑すぎです。
[PR]
by coulmier | 2006-07-31 10:25 | 食べる
   

  2006年 07月 30日  ◇  リプレイ
ここ数日、メタルギアソリッド1&2をリプレイしております。

1はPS1時代の作品でポリゴン具合がイマイチといえばイマイチですが、それでも同時期に発売されたゲームに比べればかなりのクオリティだと思います。
それに我が家にあるのは音声が英語で、大塚明夫氏のステキボイスが聞けないのがなんとも切ない気持ちです。
どうして弟2号は英語版を買ったのかしら・・・(←実家から盗んできたと自白)。
操作性もまだ模索段階といった感じで、2,3の主観視点での発砲ができないのが慣れるまで難しかったですね(過去にクリアしているくせに)。
ヒロインが好みじゃなく、彼女とスネークがいい感じになっていくのがどうにも納得できません。
敵方のスナイパーのお姉さんは好きです。
あ、スネークの本名はディビッドらしいです。エンディングで名乗ってた!

2はまだエンディングを迎えておりませんが、操作性もビジュアル面もよろしいので見ていてあきませんが主人公の一人雷電で遊ぶときに出てくるセーブ用キャラ(雷電の彼女)が非常に鬱陶しくて困ります。
命がけの任務中に「私を本当に愛してくれているの?」とか聞いてくんな!!
彼女が一言発するたびに思わず毒を吐いてしまうのですが、直後に雷電も同じようなことを言うので「ああ、私の反応普通だよね」と胸をなでおろしております。
敵方のお姉さんは背負っている過去とキャラ設定が王道っぽいのですが喋ってることが電波チックでなんだか面白いので好きです。
スネークの渋さと雷電の美形ぶりに「どっちもカッコイイ」とムービーシーンを向かえるごとにホレボレしております。
前回に比べオタコンもビジュアル的に進化しており、更に彼の昼ドラのような過去も暴露され(前回プレイ時にも聞いたのに忘れていた)我が家では大爆笑の嵐でした。
1では恐怖のあまりチビッていた彼なのに・・・。そんなおもしろ設定があっただなんて。
(知りたい方は↓へ)

今回は「ストーリーを追う」をテーマにしているのでどちらもイージーモードで遊んでいるのですが、ノーマルモードでも良かったような気がしてなりません。
簡単すぎます。

オタコン
[PR]
by coulmier | 2006-07-30 22:01 | 遊ぶ
   

  2006年 07月 29日  ◇  ようやく犯人がわかりました
ほぼ1年前(2005/9/6)に上巻を購入した「月館の殺人」の下巻(漫画1冊で1260円払うとは思ってもみなかった)がやっとこ発売され、気になっていたトリックや犯人がわかりスッキリ!

・・・スッキリかなぁ(苦笑)

私には犯人がマヌケ以外の何者にも見えませんでした。
[PR]
by coulmier | 2006-07-29 10:00 | 読む
   

  2006年 07月 28日  ◇  レシピ
物覚えの悪い私は、レシピを見ないで作れるメニューが両手でおさまるくらいしかありません。
作り方は覚えられても分量を覚えるのはなかなか至難の業なのです。
なのでレストランのシェフやベテラン奥さんのお料理術には本当に平伏したくなる勢いです。

そんなわけで夕飯を作るのにレシピを見るのですが、本によって好みの味が出たり出なかったりすることがあるのです。
その昔会社の斡旋で1年間購入していたレシピ集(月に1冊お届け)は味が全然好みでなく、むしろ「まずいし、ろくなメニューが載ってないよ」てな感想を持ったりもしました。
何故それを1年間買い続けたのか・・・。
収集癖があるからだと思います。
中途半端になるのはイヤ!(アホだ・・・)

そんな理由もあり、何冊か料理本を持っているのですが使うのはその中の数冊に限定されてきます。
分散させないと味が偏っちゃうのはわかるんですけど、変えた味が不満満点じゃねぇ・・・。
(自分で調節する技術がないのでアレンジが無理!)
最近はネットでレシピがガシガシ見られるので、それだけでだいぶ幅は広がってきていると信じたい!

ということで新たなものに出会えないかと、先週こんなものを購入してしまいました。
しゃべる!DSお料理ナビ
昨日ようやく日の目を見ることになり、初めてこれを見ながら料理をしてみました。
本を見ながら作るよりも場所をとらないし、いきなり閉じたりしないのがいいです。
声で次の工程にも進めるし参考画像もついてくるので、文字を見ただけで「これはどういう作業??」と不安になることもありません。
とはいえ、昨日作ったのは冷蔵庫に残ってて何を作ろうか悩んでいたナスを使った揚げびたしなのでわからない作業はなかったんですけどね。
(材料に大根おろしとししとうもあったのですが、今回はナスオンリーで攻めてみました。)
お味も私好みで丁度よく、非常に食べやすかったです。
また残った食材の処理に困ったら使ってみようと思いました。
というよりも、ここからメイン料理を考えて作ってみたくなりました。
新メニューのダウンロードもできるようになるみたいなので興味津々です。
ただ、あえて難点を言うとすれば「シェフのおじさんの声を調整しても聞き取りにくい」ってことでしょうか。
それをひっくるめても合格点の出るソフトだと思いました。
[PR]
by coulmier | 2006-07-28 11:21 | 作る
   

  2006年 07月 27日  ◇  戦時中の日本人のように
映画を見に行く予定だったんですけどねぇ。
あまりにも久しぶりにいいお天気だったので、家の外の問題を片付けようという気持ちになりました。
洗濯物も久しぶりに外に干せたおかげか、肌触りが良かったです。
やっぱり太陽光が一番ですね。

あ、家の外って言ってもベランダではなく玄関のことでした。

竹槍ではなく竹箒を両手に抱えて上空を攻撃していました。
玄関前の廊下(通路?)の天井にびっしり存在する蜘蛛の巣をなぎ払いましたよ!
降ってくるゴミや蜘蛛本体に怯えながら。
降ってきたものが直接頭部に触れたらそれだけで精神錯乱を起こしそうなので、大昔に無印良品で買った幼稚園児の夏用帽子のようなデザインの帽子をかぶっていたので比較的上部を気にすることなく駆除ができました。
終わった頃には汗びっしょりでした。
暑さだけではない、これにはきっと冷や汗も含まれているはずだ!!と思いました。
でもこの苦労が実ってしばらく平穏な生活が続くだろうな、と満足感があったので多少の冷や汗くらいなんてことはありません。


ここのところ残業続きの旦那が22時過ぎに帰宅され。
「蜘蛛の巣を駆除したってメール貰ったけど、だいぶ戻ってきてたよ
と言われた時の悲しみと切なさといったら・・・。
[PR]
by coulmier | 2006-07-27 12:51 | 暴れる
   

  2006年 07月 26日  ◇  多分3年ぶり
昨日の夕飯でシーザーサラダなんてものを出してみました。
レタスを食卓に並べるのは実は約3年ぶりなのです。
最後に食卓に出そうとしたレタスに、見慣れない虫・・・というよりアメーバのような生き物がへばりついていてそれがトラウマになりレタスを触れなくなってしまったのです。
(が、その間レストランとかよそのおうちでは不安なくモリモリ食べてました。)
それにレタスってすぐに変色しちゃうじゃないですか。
二人暮らしだと変色する前に食べきるのってなかなか難しいものなのです。
それが何故昨日食卓に並んだのかというと・・・・。

なんとなく

半分に切られた状態で売られていたのも大きな理由だと思います。
1玉だったら買ってません。
それと、家にシーザーサラダドレッシング(レタスを買わないので当然未開封)があったことを思い出したからです。
ちなみにこのドレッシングは私が買いました(何故!?)。
買ってみたら意外とすんなり触れました。
が、アメーバや虫がいないかどうか一枚一枚丹念に調べて手のひらで挟むようにして洗いました。
多分付着していたら半玉丸ごとゴミ箱行きだったことでしょう。


虫といえば。
我が家の玄関の外灯は夜になると自動点灯します。
室内に操作するスイッチはありません。
そのため虫(ユスリカというらしい)が集まってくるのです。
玄関の正面が田んぼなのでそこから発生しているのでしょう。
この虫を食べるために、蜘蛛も大量発生しています。
毎年のことなのですが、もうどうにも苦痛でなりません。
蜘蛛の駆除方法、その餌になるユスリカの駆除方法を探したのですがなかなか見当たらないのですよね。
「蜘蛛は益虫だからできるだけ殺さないように」なんてノンキな回答を貰ってもダメなのです。
少数なら益虫かもしれませんが、あの大群は精神的害虫に他なりません。
「ユスリカは幼虫(水の中にいる状態)のうちに駆除するのが有効」と書かれていたってヨソの田んぼに勝手に駆除剤なんて投入できるものかっ!
一番の解決策は外灯のスイッチをつけてもらうことなのでしょうが、それができたら苦労はしないわけで。
結局堂々巡りをした末に、竹箒で蜘蛛の巣を排除することしか私にはできないと思い知らされるのです。

そろそろ梅雨明けするようなので、虫との闘いに本腰を入れないといけません。
ああ、苦痛・・・。
[PR]
by coulmier | 2006-07-26 10:38 | つぶやく
   

  2006年 07月 25日  ◇  15日から19日昼頃まで
過去の話になりますが、15日から19日までN県ではこれまで体験したことのないくらいな土砂降りが続きました。
一部地域では川が決壊したり土石流があったりと、大被害が起こっているようですが私の住んでいる地域では運が良いことにたいした影響もなく無事に過ごしております。

雨の上がった19日の午後に、家から直線距離で500メートルにも満たない距離にある数県をまたいで流れている大きな川を撮影しに行ってきました。
何故タイムリーに掲載しなかったかというと、私の撮った写真を見て「どれだけ濁流なのかわかりにくかった」という事情があり、水位が標準に戻ったときに比較対象用の写真も撮影してこようと思ったからでございます。
・・・と思ったのですが、あれ以降雨が降ったりやんだりの日が続き一向に水位が元に戻らないのでもう掲載しちゃえ!と投稿ボタンを押してみました。

e0041979_11241446.jpg
e0041979_11242280.jpg


今になって「携帯でムービー撮影をすればよかったんだな」と思いました。
川横にある公園(桜を撮影した場所)で撮影をしたのですが、濁流時は距離があるとはいえその荒波に飲み込まれるような錯覚に襲われ正直怖かったです。
落ちたら行方不明→死亡が確実だと思いますので、みなさまは近寄らないように気をつけてください。

この川よりも職場のそばにある小さな川が氾濫直前くらいの水位に達していて、消防の方が様子を見に来ておりました。
近隣には小学校中学校があるので、そんな危険なことにならなくて良かったと思いました。
[PR]
by coulmier | 2006-07-25 09:51 | つぶやく
   

  2006年 07月 24日  ◇  一日だれてました
昨晩体にいいお茶を飲んで眠りに着いたら、夜中から体調を崩してしまいまして。
気合で出勤をしたはいいのですがものすごく体調が不安定で、一日不具合が改善されることはありませんでした。
帰宅時にタイムカードを押し忘れるほどに意識がもうろうとしており、気力を保つのがやっとの状態で家に辿り着き体を温めるように真夏なのに(でも最近”夏”ってことを忘れるくらい寒いですよね)いっぱい上掛けをのせて寝てました。

寝汗をかいて、暑さで目を覚ますと旦那から「夕飯は作らないでいいから好きなだけ寝ていなさい」とメールが届いていたのでまた寝ました。
再度目が覚めたときにはだいぶ体調が良くなり、お腹も空いて喉も渇いていたのですがまたお腹が急降下するのではとの不安から何も口にできず、体力がなくなりソファーに体を預けテレビを見入っておりました。
いやあ、テレビって飽きますね・・・・。

10時前ごろ旦那が帰宅し、レトルトのおかゆとヨーグルトを買ってきてくれたのでそれを口にしました。
お腹に染み渡るし温まるし潤うし、おいしかったです。
食べた後、腹痛を発することも吐き気を催すこともなくようやく体調が戻ってきました。
もうあの健康茶は飲みたくありません。
が、あまりにもお腹が張り何をやっても腸が動かないときには手を出してしまうかもしれません・・・(笑)


昨日の「ブログお休み報告」を書き上げた直後、一通のメールをいただきました。
「健康によいといわれているものでも拒否反応を起こすものもあるみたいよ」という内容から始まり、思いやってくださる言葉が文章の端々に見受けられました。
「返事はいらないから」のお言葉に甘え、まだお返事しておりませんがのちほどお返事する予定です(忘れたらごめんなさい)。
ぐったりする体に反して心がほんわかとしてきました。
ニコニコ気分(しかし表情は死人)でスクロールさせると、

「毒のあるブログを元気に再開してください」

の一文が。


このブログには毒も薬も含んでいないはずですよっ!!!
[PR]
by coulmier | 2006-07-24 22:11 | つぶやく
   

  2006年 07月 23日  ◇  大量にバイバイ
なんとなく押入れを漁っていたら遊んでいないゲームがわんさか出てきたので売ることを決意しました。
そう気持ちを固めると、意外と出てくるんですよね。遊んでいないソフトが。
リビングの引き出しには直近で遊んでいるゲームBOXがあるのですが、そこにも「もう次に手を出すことはないよね」なソフトもまぎれこんでおりまして総計20本+DS本体を持っていくことに決定。
(旦那に「2人暮らしなのにDS3台もいらないでしょ?」と説得され渋々1つ手放すことに。
それでも黒は手放せなくて悩んでいたら「じゃあシルバーを手放すよ。こっちのが古いし」
と旦那愛用DSを手放させる始末。どんだけ子供なんだ!)

結構古いソフト(しかも面白くない)が1500円とか1200円という高額をたたき出したのにはびっくりしました。
むしろそれよりもおもしろいと思うゲームが100円200円で切ない気持ちになりました。
在庫が余ってるのでしょうかね・・・。
あれこれ売って、想像以上の金額が還元されたので旦那とウハウハ気分でトンカツでも食べて帰ろうという話になったのですが、トンカツ屋の前が祇園祭のため歩行者天国になっていて近寄ることができませんでした。
ガッカリ。


あ、そうそう。

バイバイと売買をかけてたの、気づきました?(←どうでもいいよ・・・)
[PR]
by coulmier | 2006-07-23 18:52 | つぶやく
   

  2006年 07月 22日  ◇  漫画喫茶にて
旦那の車の定期点検があるため、自宅から車で1時間くらい離れた土地まで別々の車で出かけました。
点検終了が約6時間後なのでその場で待っているのは苦痛極まりないため、私の車に合流して漫画喫茶へと向かいました。
「6時間もあるなら自宅に帰ってもいいんじゃない?」
と、問いかける私に
「家に帰ったら出たくなくなるじゃん」
と、答える旦那。
まあ、つまり漫画喫茶に来たかっただけと解釈することにしました。

とはいえ、私は今のところ読みたいものもなく6時間もどうすればいいのだと思っていたわけです。
そんな私の目に飛び込んできたのは「絶体絶命都市2」でございました。
少し前に購入してはまっていたゲームの続編です。
カウンターに持って行き、ソフトを貸してもらい個室ブースに戻って早速プレイ!
しかし。
メモリーカードなど持ってきているわけもなく、セーブができない状態でございました。
コンティニューがあるからどうにかなると思い、モリモリ進めたところ前作より遊び心も大きくて楽しさUP!
操作性も良かったし、楽しかったです。
今回は主人公が4人くらいいて、それぞれのストーリーを順を追って遊べるらしいのですが時間の都合で1人分しか遊べませんでした。
それでも十分なボリュームだったと思います。
あー、欲しくなってきたなぁ・・・。
でもまた第一話をプレイするのは正直なところ面倒です。
初めてのストーリーをドキドキしながら遊ぶのがこのゲームの醍醐味ですよね。

ゲームを終えた頃、丁度旦那の携帯に「点検終わりました」の電話がかかってきたので漫画喫茶を離れ車を引き取りに向かいました。
[PR]
by coulmier | 2006-07-22 20:38 | 遊ぶ