ゲームや漫画、映画に癒されるぐうたら主婦の日常。子育て始めました。
by coulmier
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お知らせ


  2008年 11月 04日  ◇  静かに登場
まるみえと一緒に眠ってしまいまして、旦那が帰った気配で目が覚めたのですね。
ご飯の支度をしてテーブルに並べたところで私も会話をしようと座ったところ、

ガラリ

と、寝室とリビングを隔てる扉が開きました。
柱に体重を預け、立ちはだかっていたのはせいじにーさん(右の人、しかし写真はイメージです)。

何を語るでもなく、静かに立ち続け旦那の夕飯を見据えているように見えました。
これは「んま!」と言い出すに違いないと思い、慌てて寝室へ連行。
布団へ引きずり込むもものすごい勢いで脱走。
一瞬追いつけずまたしても扉を開けられそうだったのですが、寸でのところでキャッチし再度布団へ。
それでも懲りずに脱走してしまい「やれやれ」と思っていると、旦那が登場。
そんな旦那を見たまるみえはまるでゴレンジャーショーを見る子供のように目を輝かせ腕を伸ばし抱っこをせがみました。
いいなぁ、旦那。私はそこまでまるみえから愛を示されたことなんてなくってよ(゜ーÅ)
そんな愛を見せつけられた旦那は「会社からささくれだった気持ちで帰ってきたけど、すごい癒された」と何やら感動してました。
良かったね、気持ちをリセットしてくれる存在が家にいて。
でも私はその存在に気持ちをささくれだたされることが常日頃なんですが(゜ーÅ)

そこからは旦那の抱っこじゃなければ眠らなくなってしまい、ご飯を食べかけの旦那は「もう解放してほしい」と泣き言を言ってましたが私がそれを許しませんでした。
息子の愛を独り占めするがいいさ。
[PR]
by coulmier | 2008-11-04 22:59 | 育てる
   

<< 今日こそは… ひきこもり >>