ゲームや漫画、映画に癒されるぐうたら主婦の日常。子育て始めました。
by coulmier
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お知らせ


  2007年 05月 02日  ◇  東京じゃないのに東京を名乗る
さて問題です。
ここはどこでしょう?
e0041979_10161446.jpg

正解は「東京ドイツ村」です。
”東京”と名乗ってますが東京から車で1時間は軽くかかります。
1時間でつけばいいほうかもしれません。
・・・・・。
都民に謝れ、コノヤロウ!

そんな片田舎に行ってまいりました。
行ったことのある人に「何があるの?」と尋ねると「何もない」と返答されるほどのステキスポットです。
e0041979_10335722.jpg
ドイツカラーのポールが「ドイツ村」っぽくて思わず撮影。そして周囲には何もなし。

画像が多いかもしれないので興味のある方だけオープンしてご覧くださいませ。
縦長になっちゃうと下の記事を見たいとき邪魔になりますからね。




ということで、何も無いなりにステキな場所だったよってことをホンノリ頑張って伝えるコーナーがやってまいりました。

今回の旅の道連れは、うみにんさんとうちの旦那です。
うみちんの旦那様はお仕事の都合でご一緒できませんでした。残念です。

丁度お昼時を狙って行ったので、ドイツソーセージを三人で突きつつ、それぞれの食事を食べました。
他にドイツっぽい料理というものを知らないので、普通の食事になってしまいましたがそれでもここまで来てカレーを食べてるおじさんはどうしたものかと思いましたね。
こういう場所では比較的ぼったくり価格なイメージの食事ですが、味もそこそこだし温かいしで1000円前後で食べられるのは良心的でした。

GW中とはいえ平日だったこともあり、どこかの幼稚園が遠足に来ていて賑やかでした。
そんな園児たちを眺めつつ、芝生に直座り。
動物の連れ込みが禁止なので、芝生の上に座るのもドキドキ感はありません。
安心してゴロゴロ出来ます。
ゴロゴロ出来ますが、急勾配な芝生なのでものすごい勢いで坂を下っていくに違いありません。
目の前で園児たちが芝まみれになりながらいい笑顔で転がって行ったのが印象的でした。
追いかける親が大変そうだ・・・。

場所を移動して、幸せの鐘(?)が設置してある場所へ到着しました。
ちなみに場所移動は常に車です。結構広い園内(しかも何もない)なので、徒歩で動くのは大変です。
・・・電車→バス(orタクシー)で来た人は歩いて散策しているのだろうか。お疲れ様です。
話がそれましたが、幸せの鐘を5回鳴らすと願いが叶うというのでうみちんとそれぞれ鳴らしてみました。
なかなか音がでかく、真下にいると耳がキンキンしました。痛いです。
旦那にも「鳴らさないの?」と尋ねたのですが「奥さんがお願い事したから良いよ」との返答をいただきました。
私と同じ願いでいいのか・・・・。
「私の願いは”旦那が永遠の下僕になりますように”だよ」と親切に教えてあげたのですが、あまりにショックだったのか鐘を鳴らすことを忘れたようでした。
ご愁傷様です。

休憩がてらおみやげ物屋さんをひやかしに行き、何も買わずにお店から脱出。
お店の外に歩くぬいぐるみ(デパートの屋上にありそうな物体)が置いてあったのを見つけた旦那がクマの物体に乗って楽しんでおられました。
写真を撮影したのですが、あまりにも楽しそうなのでここで晒すのはかわいそうな気がして辞めました。
バレた時、あとで怒られるのが怖いってのが本音です。

チューリップ畑もあったので撮影しました。
でもチューリップはドイツのイメージではありません。
e0041979_10503872.jpg
意外とキレイなチューリップ畑。でも近くで見るとチューリップたちはしなしなしてました。
奥に見える観覧車も赤黒黄のドイツカラーでした。微妙なこだわりを感じました。
e0041979_10512272.jpg
チューリップの妖精もいました。救出してあげたら花粉まみれでした。

ホントに何もないテーマパーク(?)なのですが、逆に何もない分のんびりできて意外と楽しめました。
のんびり過ごしていたはずなのに時間もあっという間に過ぎていたので、満喫していたのだなと思いました。

都会の喧騒に疲れた方は癒しスポットとして訪問してみるのはいかがでしょうか。
都会からここまで行くのは結構大変かもしれませんが。
[PR]
by coulmier | 2007-05-02 20:15 | 遊ぶ
   

<< Uターンラッシュ 父と休日 >>