ゲームや漫画、映画に癒されるぐうたら主婦の日常。子育て始めました。
by coulmier
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ


  2007年 03月 31日  ◇  ドキドキドライブ
旦那の車の2度目の車検(購入から5年目)が近づいてまいりました。
いつだったか書きましたが旦那の車は小さいながらも外車でございまして、国産車育ちの私には全く扱えない代物でございます。
そんなこともあり、旦那の車で出かけるときは私は助手席にしか座らないわけで仮に旦那が出先で体調を崩したときなんてどうしたらよいのやら状態になってしまうのです。
・・・と言っても、奥さんが免許を持っていない(orペーパードライバーで運転しない)というお宅もあると思うので大した問題ではないのかもしれませんが。
でもやはり、普段運転している身としてはいざって時に代われないと心苦しくなってしまうのですよ。
旦那本人も疲れているのに代わってもらえないのはしんどかったようですし。

という事情もあり、この度新車に乗り換えることになりました!
契約を結んだのは3/4(だったかな?)。
3月末日の本日、納車となりました。
納車とはいえ受け取りに行くコースなのです。
なので、私が送ってあげれば良いのですが・・・ほら、新車ですぐにドライブに出たいじゃないですか(/ω\*)
1時間に2本くらいしか走っていないディーゼル電車(変な日本語だ)に乗って2駅ほどぶらり2人旅をしてみました。
歩けない距離ではないのですが、上り坂が多くてなかなかきついのですよ。
(私は自分の車の納車の時はその道を歩いて訪問して営業さんにビビられましたが。)
駅に着き、徒歩10分くらいの場所にあるディーラーに到着すると担当の営業さんが出てきて「どうやって来たんですか?」と驚かれました。
「電車です」と答えると「言ってくれれば迎えに行きましたよ!」と言われ、そのとき初めてそんな手段があったことに気づきました。
アホですね、うちの夫婦。

車の説明を受けたり、コーヒーをご馳走になったり、ティッシュ箱を強奪したりしつつ時間が過ぎましてついに車に乗って帰れることに。
ウィンカー(とワイパー)の位置が今までの車と逆なのと、今までよりも後ろがぐーんと長くなった感覚の差から旦那はドキドキしっぱなしでしたが、助手席に乗ってる私に言わせると前の車の時よりも安心して乗っていられます。
前の車はクリープ現象(ブレーキを離すとゆっくり進む)がなかったので、気をつけても急発進のようになってしまい、それなりのGが私の首にかかっていたのですよ。
今はそれがありません。
首に優しい日本車です。
まだ私は新車デビューしていませんが、旦那が運転に慣れてきた頃にちょっと借りてみようかなと思います。
旦那は「車が大きくなって感覚がわからない」と嘆きますが、私の車に比べれば小さいわけですからどうにかなると思います。
が、その油断からぶつけないようにしなければなりません。
写真は取り忘れているので、その内後悔します。
だって、納車直後雨が降るんですもの。撮れるわけがないではないか。
というか、そういうときばかり雨を降らせるのはやめてくださいよ。雨男の旦那氏!

ちなみに。
前日に休暇を取った旦那は、5年弱乗った愛車を売却に行かれたそうです。
仕事を終えて家に帰った私を迎え入れてくれたのですが、その表情は心なしか泣きそうでした。
多分私のいない間に切なさに耐え切れず泣いてたとみた。
[PR]
by coulmier | 2007-03-31 19:13 | 遊ぶ
   

<< 珍しくやる気を出されるとウザイ 取り外せない悲しみ >>