ゲームや漫画、映画に癒されるぐうたら主婦の日常。子育て始めました。
by coulmier
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お知らせ


  2006年 09月 24日  ◇  in 幕張!
エマ吉さんに誘われて東京ゲームショウに行ってきました。
当初はPさんもご一緒の予定だったのですが、体調不良のため欠席に。
前回に引き続き、体調不良による欠席者が出てしまいましたがこの3人(エマ吉氏・旦那・私)が顔を合わせると3人以外の出席者は体調を崩すというジンクスでもあるのでしょうか?
ないと思いたいところです。



東京駅の銀の鈴待ち合わせ場で待ち合わせをすることに決まっていたのですが「銀の鈴はどこですか?」とのメールを東京駅に着く直前に受信しました。
以前詳しくメールで教えてあげたはずなのになぁ(笑)。
途中駅員さんに聞いたようで、待ち合わせ場所で難なく会うことができました。
合流後軽くお茶をして、リアル対面は1年弱ぶりのブランクを埋めるために交流会を開催。
しかし、3人が3人とも声の張りが悪いようで明らかに会話が繋がっておらず(聞き取れていないのでしょう)なんだかおもしろかったです。
ついでにお土産と称して持ってきた不用品処分も行いました。
Wi-Fi通信用ケーブル・・・嬉しそうに喜んでくれました
秋葉原おでん缶(先週旦那が買ってきた)・・・微妙な表情をしつつも「ご飯のおかずにします」とのコメントをゲット
Pさんにあげる予定だった白カレーのルー・・・「そこら辺で売ってるじゃないですか」と本気で迷惑そう

京葉線に乗り、妙に揺れる電車に揺られること30分くらい。
その間旦那が取り出した「問戦士」を時折ニヤつきながら楽しんでいるエマ氏がかわいらしかったです。
海浜幕張に着き、徒歩で移動。
会場入り口に着いた!・・・・と思ったらそこは再入場者やVIP専用口でそれまで行った事のないかなり裏手の方まで歩かされました。
駅の方まで渋滞させないように対策をしてあるのでしょうかね?
中に入るといきなりゲームショウのゲートが登場して、写真を撮る暇なく中へ流されていきました。
ああ、残念。

到着してからはスクウェア・エニックスブースに長時間滞在し、一般参加に選ばれようと3人揃ってジャンプしたり手を振ったりとステージの上の人にアピールしたのに結局選んでもらえませんでした。
他の二人はともかく、私は低身長がネックだったのだと思います。
後ろの方にいた私は存在どころか手すらあちらからは見えていなかったに違いありません。
選ばれずガッカリしたところで別のブースに移動しようとしたら、スクエニのお偉い方(Tさん)がスタッフ部屋から偶然に出てきました。
エマさんがそれを追いかけ、なにやら会話し握手をしてもらっていたので私たちもついでに握手をしてもらいました。
やる気のない握力とカサカサした手の質感を感じることができました。
やる気出せよ!

その後お昼(モソモソする焼きそば)を食べた後、コナミのブースへ流れ込みメタルギアソリッド4の情報を入手しようとスクリーンに映し出される映像を3人でボーっと眺めておりました。
4以外の情報も垂れ流されておりました。
しばらくすると映像が止まり、小島監督と愉快な仲間たちが登場しました(仲間たちより小島監督自身が一番愉快でしたけど)。
e0041979_1953634.jpg
真ん中が小島監督。想像よりもずっと若かった!

海外で出版されているらしいオフィシャルコミックの存在を知り、最近発売されたゲーム(?)がまさにそれを編集したものだと教えられ急に気になりました。
それに加え、12月中にPSPで遊べるアクションゲームのメタルギアシリーズが発売されると聞き買う気満々に。
ひたすら喋り続ける小島監督に圧倒され、ずっと立って聞いていたのでかかとに疲れが生じました。
「メタルギアソリッド4についてはこの後のトークショーで詳しく!」と言われたものの「もう無理、立ってるのしんどい」と泣き言を漏らすほどに膝&かかとにダメージを受けてしまったので一番の目的であった4情報を聞くことなく他のブースへと移動しました。
2007年に発売してくれるならそれでいいです。
隣にあったカプコンブースで逆転裁判4の情報も知りたかったのですが、これといった情報がなかったです(特設会場はあったけど行列だったので興味を失しました)。
ソニーブースでも新しいゲームをパラパラと見ましたがあまり記憶がありません。
あ、PSPにピンクが登場するらしいですよ。北欧版なのだとか。
それを見たエマキチ氏が「北欧版を日本で発売するな」的なことを言っていたのに笑いました。
更に私が「こんな色(ピンク)はいやだ」的なことを言ったらエマさんに「(くるみえは)ピンクのイメージ」と言われました。
こんなにメルヘンカラーの似合わない人は他にいないと思いますよっ!

その後はセガのブースでコンパニオンのオネエチャンとバーチャファイター5を対戦するエマさんを夫婦揃って微笑ましく見てたり、三国無双にウキウキするエマさんにニコニコしたりしてました(息子扱い)。
e0041979_19552475.jpg
息子のエマ吉がコンパニオンのお姉ちゃんと遊んでもらっているところです。

三国無双を見に行くのに光栄のブースに行ったらびっくりしました。
女性だらけなのですよ。
私の中では光栄は硬派なゲーム会社なイメージがあったのでそのギャップに腰が引けてしまいました。
アンジェリークが成功したのをきっかけに女性向けのゲームにも力を入れているようですね。
出演者のトークショーが丁度始まり、声優さんが二人登場するとものすごい黄色い声があがっておりました。
が、私には辛すぎてそそくさと退場いたしました。
コナミブースの男率が高い方が落ち着くのは女性としてどうなのかと、ちょっと自分に疑問を持ちましたが、
「この手のゲーム(キラキラした男性が苦手なの)で遊ぶならギャルゲーの方が好きです」
とキッパリ二人に告げていた自分もどうかと思いました。
エマさんもどうかと思ってくれたようで
「それは感情移入とかできるんですか?」
と聞かれましたが、旦那が
「この人、心は激しくおっさんなので大丈夫みたいです」
と答えており、ちょっと恥ずかしくなりました。
恥ずかしくなっている割には、コスプレイヤーのお姉さんの太股とか胸に視線を奪われていた私はもう、おっさん病末期症状だと思います。

そんなわけで、気づくと開場から閉場までいつづけておりました。
あっという間の一日でした。
・・・としめくくるところなのですが、秋葉原の万世へ場所を移し焼肉で慰労会(何の?)を行いました。
大盛ご飯を2杯ぺろりと食べるエマさんに二人揃って驚きました。
更に梅サワーを少し飲んだだけで酔っているエマさんにも驚きましたが、私も同じ程度で酔って眠くなったので大きなことは言えません。
酔っ払い(眠気と戦う)二人に囲まれた旦那はちょっと迷惑そうでした。
それにしても和牛はおいしかったです!
ダイエット中とあちこちで言っているにも関わらず、そんなこともすっかり忘れモリモリ食べてしまいました。

何故秋葉原かというと翌日に続きます。
[PR]
by coulmier | 2006-09-24 23:59 | 遊ぶ
   

<< 探索 カレー1日目 >>