ゲームや漫画、映画に癒されるぐうたら主婦の日常。子育て始めました。
by coulmier
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お知らせ


  2006年 07月 22日  ◇  漫画喫茶にて
旦那の車の定期点検があるため、自宅から車で1時間くらい離れた土地まで別々の車で出かけました。
点検終了が約6時間後なのでその場で待っているのは苦痛極まりないため、私の車に合流して漫画喫茶へと向かいました。
「6時間もあるなら自宅に帰ってもいいんじゃない?」
と、問いかける私に
「家に帰ったら出たくなくなるじゃん」
と、答える旦那。
まあ、つまり漫画喫茶に来たかっただけと解釈することにしました。

とはいえ、私は今のところ読みたいものもなく6時間もどうすればいいのだと思っていたわけです。
そんな私の目に飛び込んできたのは「絶体絶命都市2」でございました。
少し前に購入してはまっていたゲームの続編です。
カウンターに持って行き、ソフトを貸してもらい個室ブースに戻って早速プレイ!
しかし。
メモリーカードなど持ってきているわけもなく、セーブができない状態でございました。
コンティニューがあるからどうにかなると思い、モリモリ進めたところ前作より遊び心も大きくて楽しさUP!
操作性も良かったし、楽しかったです。
今回は主人公が4人くらいいて、それぞれのストーリーを順を追って遊べるらしいのですが時間の都合で1人分しか遊べませんでした。
それでも十分なボリュームだったと思います。
あー、欲しくなってきたなぁ・・・。
でもまた第一話をプレイするのは正直なところ面倒です。
初めてのストーリーをドキドキしながら遊ぶのがこのゲームの醍醐味ですよね。

ゲームを終えた頃、丁度旦那の携帯に「点検終わりました」の電話がかかってきたので漫画喫茶を離れ車を引き取りに向かいました。
[PR]
by coulmier | 2006-07-22 20:38 | 遊ぶ
   

<< 大量にバイバイ 削られました >>