ゲームや漫画、映画に癒されるぐうたら主婦の日常。子育て始めました。
by coulmier
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お知らせ


  2006年 06月 04日  ◇  絶体絶命
「絶体絶命都市」を中古で買ってみました。
2が先頃発売したようなので、そちらに手を出す前に1から・・・と思ったわけです。
買う前にパッケージを手に取った際に旦那が「アイレムか・・・」と苦笑いを浮かべておりました。
(ゲーム史上最弱と呼ばれる主人公が登場する「スペランカー」というゲームの発売元。膝くらいの高さから落ちただけで死亡するそうです。冒険者なのにアリエナイ。)

そんなアイレム(スペランカー)の話を聞かされて、購入を躊躇しましたが買ってみました。

おもしろくてはまりました。

架空の人工島が地震にあい、そこから脱出するゲームなのです。
大半の人は避難勧告が出され脱出済みなのですが、主人公を筆頭に逃げ遅れた悲運な面々が数人登場します。
地震の翌日のスタートなのに、スタート地点が崩壊した橋の上なのがどうしてかわかりません。
あとから追いかけてくる橋の崩壊から逃げながら本島へと移動をしていき、出会う人と協力しながら救援ポイントを目指します。
絶対必需品は水。水がないと動きが遅くなったりHPが減ったりします。
地震でライフラインなんて途切れていそうなのに、頻繁に飲める水の出る水道に出会えます。
水はがぶ飲みなのにご飯は一切出てこないし、空腹感も全くないようです。謎。
ツッコムところが結構ありますが、それでもドキドキしながら崩壊から逃げたり津波から逃げたりと飽きさせません。
逃げることしかしてませんけどね。
そんな自然災害から逃げ惑うこのゲームですが、裏にはびこる大人の事情を知ってしまった主人公は命まで狙われるようになり、災害&スナイパーから逃げるゲームへと変貌します。
ホントに絶体絶命です。
生きているだけ運がいい・・・、と言えそうですがどうみても不運な男です。
運がいい人はこんな事件に巻き込まれません。死神でも背負ってるのでしょうか。
メタルギアほどアクションっぽさはありませんが、あんな感じの操作感で全編進みます。
いつも遊んでいるゲームがL1(2?)で走り固定ができるもので、そのつもりで該当ボタンを押すと「おーい!」と叫んでしまい、自分でイライラしておりました。

エンディングは7つくらいあるようです。
まだ3つしか見ていません。
全部見られるように頑張ろうと思います。
全部見たらきっと2も買うと思いますよ。
[PR]
by coulmier | 2006-06-04 18:23 | 遊ぶ
   

<< いつまでたっても学習しない 旅行記 >>