ゲームや漫画、映画に癒されるぐうたら主婦の日常。子育て始めました。
by coulmier
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お知らせ


  2009年 07月 28日  ◇  無事に終了
本日まるみえのデベソ除去手術がありました。




AM6時までに水分を摂らせなければいけないので5時起きかな・・・と思っていたら本人が4時ごろから活動を開始して予定より早くこちらも動くことになりました。
拷問だ。
水分の量に指定がなかったので、オレンジジュースを200cc飲ませました。
私がキッチンに入るとご飯を欲しがるので、今朝はテレビを見せたりして出発までの時間を繋ぎました。
全身麻酔をするので食事抜きなのです。
8時前に病院へ着き、9時から手術開始予定だったのですが飲ませたジュースの量が麻酔をするには危険と言われ(吐いたジュースが肺に流れてひどい肺炎を起こす可能性があるとのこと)、本日2番手で手術を待っていたお嬢さんが先に手術室へ入っていきました。
前回麻酔科医の先生とお話したとき「どのくらい飲ませて良いですか?」と聞いたら「ガバガバ飲まなきゃOK」とあいまいな返答しかもらえなかったのです。しかもこの人今日の執刀麻酔科医じゃないし!
やる気を感じられない先生だったので、そんな先生に説明を受けてしまった不運を悲しみたいです。
e0041979_22212797.jpg
幸い寝てたので(麻酔で寝てるわけではなく、早起きなので眠くなって勝手に寝た)ある程度の時間はなんとかなりましたが、残り30分くらいのところで起きてしまい非常に手がかかりました。
お腹が空いて不機嫌MAXでしたので。

待ち時間を経過し、私も付き添いで手術室へ行きました。
麻酔が効くまでそばにいる役割だったのです。
麻酔のマスクをはめられたまるみえはジタバタ暴れてました。
若干麻酔ガスの匂いがするのは目の前でガスをあてられてるからなんだろうな・・・、と思ったらまるみえのマスクに繋がってるはずのチューブがはずれていて手術室に麻酔ガスが漏れてました。
ちょっと、こんな時にネタはいらないよ!!
なんだか・・・、私が付き添ったばかりにまるみえにネタ的不運が降りかかったんじゃないかと、申し訳ない気分になりました。
寝入ったのを確認し、手術室から連れ出される帰り道は麻酔ガスの影響か若干ボンヤリしました。
先生たちは大丈夫なのか、正直心配になりました。

手術の所要時間は30分。
術後先生から終わったとの報告と説明を受け、5分ほど待ったら病室へ行けと言われたので待合室でしばし旦那と待ちました。
私「早くまるみえに会いたい」
旦「珍しく母親らしいこと言うね」
私「でも10分くらい顔を見たら帰りたい」
旦「随分他人事だね。親戚の子のお見舞いレベル以下だよ、それ」
そんな会話があったとかなかったとか。

病室では麻酔の影響で不機嫌なまるみえが騒ぎ続け、ようやく寝たと思ったら2時間くらい寝続けました。
その間交互にお昼を食べに行き、更にはまるみえのベッドに潜り込み横で寝入る母親の姿があったり(2、30分は寝たね)←薬の説明に来た先生に目撃された(/ω\*)

起床後のまるみえは食欲もあり、病院で用意されたお昼ごはん&おやつまで食べ(苦手なものは残してたけど)すっかり落ち着いてました。
ちょっと覗いたおへその傷は私にはまだ直視できませんでした。怖いです、傷って。
もう少し落ち着いたらビフォーアフター写真なんかも載せてみようと思います。

傷が痛むのか、今日はすごく甘ったれだったのですが2歳にもならないちびっ子なのにすごく頑張ったので珍しくずっと抱っこをしてあげました。
痛みが治まっても甘え癖が残るんじゃないかとちょっと心配だったりもするんですけどね。
[PR]
by coulmier | 2009-07-28 22:40 | 育てる
   

<< 水曜日だけ 見逃しもいいとこ >>